白A メールマガジン「日本にブロードウェイを作ろう!!会報」

会員158人にお送りする白Aメールマガジンのお時間です。
こんにちわ!コクーナです!!
(※このメルマガは5分で読み終わります。)


今日は「マーケティング」について書こうと思います。


僕たちがなぜ「日本にブロードウェイを作ろう!!」と目的を掲げるようになったか?

なぜ白Aは「海外での活動」から「国内での活動」にシフトしたか??

それは「マーケティング」というモノと、非常に密接です。

今回のメルマガは全2回に分けて、そのストーリーを書こうと思います。


そもそも「マーケティング」ってなに??

宣伝?

市場調査?

PR???

っていうイメージをお持ちの方、多いと思います。

僕たちもそうでした。

そして、別にそんな「マーケティング」みたいな難しい事しなくても、「面白いショーやってたら、いつか絶対成功する!!」。

そう信じて疑いませんでした。

 

しかし、それは大きな間違いでした。

そして、「マーケティング」を考えるようになって、白Aは少しずつ成功していきました。


これからの時代のエンターテイメント、絶対に「面白い」だけでは勝てない。

「自分」と「相手」。

「I」と「You」。

この全く異なる言葉を主語にして、思考しないと成功しないと思います。


「I」は自分が主語、「自分がやりたい事」、「自分が好きな事」、「自分が面白い
と思う事」。

クリエイター、アーティストは自己表現、自己顕示欲が強く、自分の思っている事を表現したいので、大体この「I 思考」です。

「You」は相手が主語、「相手がやりたい事」、「相手が好きな事」、「相手が面白いと思う事」。

お客さん、世間、社会が求めている事を考えるのが「You思考」です。

自分を主語にして考える「I思考」。

相手を主語にして考える「You思考」。


僕もそうだったように、この「You思考」を持つ表現者、クリエイター、アーティスト、エンターテイナーは非常に少ない。

そして、この「You思考」こそ「マーケティング」です。


「俺的にー」、「私はこっちの方がー」みたいに、I思考が強いと、クリエイティブな話し合いになります。


「最近の若い人はー」、「アメリカの人はー」みたいに、You思考が強いと、マーケティングな話し合いになります。


そして、この「You思考」を持ち、「I」と「You」二つの思考の行き来が、白Aを変えました。

 

 

白Aの歴史で、一つ大きな転換期があります。

それは2010年。

「国内の活動」から「海外の活動」に切り替えた事です。

2002年結成の白Aは、地元仙台で映像に合わせたダンス、コント、歌、ポエムなど、
様々な表現をミックスした舞台活動をしてました。

ひょんな事から2009年。芸能事務所アミューズに所属になりました。

そして、当時のマネージャーが「世界で勝負しよう!」と白Aの活動を世界に切り替えました。

ここは完全に人生のターニンングポイントでした。

映像に合わせたダンス、コント、歌、ポエムなど、色々な表現をしていた僕たちは、「プロジェクションマッピング」、「ノンバーバルパフォーマンス」というモノに、表現を絞り込みました。

そこから僕たちの活動のステージは「国内」から「海外」になり、「世界で成功する」が目的になりました。

2010年上海万博出演、2011年エジンバラ・フリンジで賞獲得、2012年ヨーロッパツアー
、2013年ロンドンロングラン、2014年ワールドツアー、2015年AGTセミファイナル進
出&ゴールデンブザー獲得。

2011年エジンバラ・フリンジの時はたった4人だったお客さんも、2015年には県民ホー
ルくらい大きい劇場で2000人くらいのお客さんの前でパフォーマンスをするようになりました。

色々な批評家から5スターをもらい、色々な賞レースでも勝ち、海外のテレビや、イベントにも多く呼ばれました。

超有名な映画に出てる、超有名なセレブも白Aのショーにきました。

表向きにはシンデレラストーリーを歩み、アメリカンドリームをつかんでるように見えるかもしれません。

ただ、、、、、。

一つ問題が。。。。。。


この頃の白Aは、数字的には、、、ビジネス的には、全く成功していません。


理由は単純です。

・海外の活動はお金がかかる(移動費、宿泊費、運送費、人件費が国内活動の数倍)。

・収益がシェアされる(ショーの売り上げは海外エージェントとはんぶんこ)。


いっぱいお金がかかるのに、売り上げはんぶんこ。

こういうビジネスモデルです。

海外で認知は広まり、実績が積まれても一向に成功の気配が見えない。

絶対に他に負けないショーを、主観ではなく、批評や、賞、口コミなどの実績でも負けないショーをやっていました。

やるショー、やるショー、たくさんのお客さんがいて、毎回スタンディングオーベーション。

なのに、ショーが終わると。。。。電卓を叩くと。。。全然。。。。

超遠いペイライン。。。。

「それなら!!もっと面白いショーを作るしかない!!」

とメンバー一同、奮起もしましたが、、、

しかし、入る数字が大きくなっても、出る数字も大きくなる。

結果、変わらない数字。

「面白いショーやってたら、いつか絶対成功する!!」。

この気持ちは年々、擦り切れていきました。。。。。


これは、ショー以外に問題があるぞ。。。

この頃からそう考えるようになりました。

そうして、2016年。

白Aは「マーケティング」について考えるようになりました。


その時出会ったのがこちらの本。


【USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 】
https://www.amazon.co.jp/dp/4041041414/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_ds-SDbCNHNR7S

 

倒産寸前のUSJを超V字回復させた森岡 毅さんの本です。

目からウロコでした。。。。

ショー以外に問題があると、踏んでいた自分にとって強烈なヒントになりました。

もうざっくり簡単に言うと、この本で書かれてる事は、


①「どう戦うか?」より「どこで戦うか?」を見極める事。

②「自分にとって」は一切関係なく、「お客さんにとって」だけを洞察し、仮設を立てる事。

③自分たちのリソース(人、時間、お金)、あらゆる努力を、その仮設に投下する事。


です。

お客さん、世間、社会の立場になって、考え、動く事。

僕はそれを上に書いた「You思考」と言い換えました。


そして、2017年、アメリカズゴットタレント後の大規模なアメリカツアー。

1ヶ月規模のツアーを3回、全28公演。お客さんは毎会場いっぱい。
ほとんどの会場が1000~2000人。

毎度満席、毎度スタンディングオーベーション。


しかし、数字的な結果は惨敗。


僕たちが出した結論。


「戦う場所」が違う。

「海外」というフィールドは広すぎる。

当時の僕たちは、コストがかかり、収益率の悪い場所で、「どう戦うか?」だけを考えていた。

めっちゃくっちゃ不利な、泥沼な戦況で四苦八苦奮闘していた。

そして、その場所で数字的な成功を掴み取るには、圧倒的にリソースが足りなかった。

(後で知りましたが、僕たちよりもズーーーーット大きな、もーーーーーーっと集客のある、バンド、劇団の海外公演(ロングラン、ワールドツアー)で、ビジネス的成功を収めてる日本のカンパニーってほぼ皆無なんです。)

僕たちは①、③を間違っていた。

戦う場所を決める事。「どこで戦うか?」を考える事は「戦略」。

決まった場所で「どう戦うか?」を考える事は「戦術」。


当時の僕たちは「戦略」すっ飛ばして、「戦術」だけで戦っていた。

「世界で成功する」という目的を達成する事は「世界に行く」事だと、安直に、勝手に決め付けて考えていた。

「どこで戦うか?」、「戦略」、場所選びで思考せず、手当たり次第、広域で、めちゃくちゃリソースが必要な「海外」という場所で奮闘していた。

日々、「セットリストが悪い」、「オチが、つかみが弱い」、「タイトルが、チラシのデザインが悪い」、などなど「戦術」だけを考えたいた。

まず考えるべきは「戦略」。

「場所選び」。

そう、考えを改めました。

じゃあ、どこで??


僕たちはどこで戦うべきか???


「マーケティング」が必要だった。


2016年冬。

白Aは「You思考」で考え始めました。

 

つ づ く。

 

ーーーーーーーーー

って感じです!!!今日はここまで!!!

次回「日本にブロードウェイを作ろう!!」にたどり着くまでのストーリーを書きま
す。


あと、白Aの詳しい活動情報はこちらの

「日本にブロードウェイを作ろう!!の会」Facebookグループへ!!

Facebookグループ入会希望の方はこちらをクリック!!!

https://www.siro-a.com/broadway

こちらのアドレスから「グループに参加」を押してご参加ください!


こちらは非公開グループとなっており

・白Aの非公開のとっておきの情報
・みんなで書こう英語日記
・参加型企画

などをやっています。

それではまた11月にメルマガ書きます!

新宿も、横浜も、仙台長町も、南三陸も、白A色々な場所で、色々な活動してるので、
ぜひ来てください。

また来月!!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

白Aホームページ
https://www.siro-a.com

テクノサーカスホームページ
https://www.technocircus.tokyo

新宿コメディークラブ
https://www.comedyclub.tokyo/?lang=ja

浮世絵カフェ
https://www.ukiyoecafe.com


白Aメルマガバックナンバー
https://www.technocircus.tokyo/backnumber/

白Aメールマガジン
担当/Cocoona


※こちらのメールマガジンは無断での転載、引用が推奨されております。
※メールマガジンを退会したい方。

「退会希望」と件名に記入し、返信くださいませ。


ただ、退会希望の件名のメールが来た時、僕は思います。


え?ちょっと待って!!次のメルマガ読んで!!
せめて結末まで読んでから退会するか否か決めて!!

って。

CONTACT US

If you have any questions, comments or press inquires, please email us details at

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

FOLLOW US ON TWITTER

LIKE US ON FACEBOOK

FOLLOW US ON Instagram

 

WATCH US ON YOUTUBE