CONTACT US

If you have any questions, comments or press inquires, please email us details at

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

FOLLOW US ON TWITTER

LIKE US ON FACEBOOK

FOLLOW US ON Instagram

 

WATCH US ON YOUTUBE

白A メールマガジン「日本にブロードウェイを作ろう!!会報」

今月もやってきました。161名に送る!
白Aメールマガジン!
今回のメルマガは8分で読み終わります。

前回の続き!!

白Aはアミューズ所属になり、2010年の上海万博から海外を主戦場に戦ってきました。

海外のお客さんに楽しんでもらえるコツを掴み、認知度も高まり、賞を受賞したり、
テレビ出演も増えていきました。
そしてアメリカの国民的テレビ番組「アメリカズ・ゴット・タレント」でアジア人初
のゴールデンブザーを獲得します。

しかし、華やかなシンデレラストーリー、アメリカドリームとは裏腹に、ビジネス的
には苦戦。

理由は海外公演はコストは嵩張るが、売り上げは海外エージェントとシェア。

白Aが海外でビジネス的に成功をするには桁違いの集客、売り上げが必要だったし、
海外の滞在期間も、活動資金も人材も、もっと必要だった。

白Aのアウトバウンド活動は、立ち行かない状況、完全に曲がり角を迎えました。

そうして2016年春。


この時チームには二つの考えがあった。


「アメリカに引っ越す」。

OR

「現状のまま頑張る」。

「世界中」では戦う場所が広すぎる。
どこかにポイントを絞り、リソースを選択的に、集中的に投下すべきだ。

白Aはアメリカと相性が良かった。
ゴットタレント放送直後だった事もあり、どこの会場も熱狂的に迎えてもらった。
そして、オーディエンスも1000~2000人はいた。

それでも、黒字化するには集客は足りなかった。

あとは圧倒的にコストカットし、収益化する。
移動費、宿泊費、運送費、諸々浮かせるために、ビザを取ってアメリカに引っ越そう。
やるなら今しかねぇ!
という考え。

しかし、その一方で、アメリカに引っ越すのは現実的じゃない。
ビザはそう簡単に取れない。英語勉強中とはいえ、言語の壁もまだまだある。
家族を連れて、もしくは置いてアメリカにはいけない。

チームの考えは真っ二つ。

そうなると空気もギクシャク。

これからどうなる白A!?


アメリカ引越し?

Or

現状維持?

長い長い話し合い。

この話し合いは平行線で、おそらく3-4ヶ月は話し合ってた。

目的、ビジョン、将来が一致しないと船は進まない。

「白Aアメリカ」と「白Aジャパン」に別れて活動しよう。
っていう話で決着しそうで、しない。

そんな時間をしばらく過ごしていた。

さて、どうするか??

ここでヒントになったのがマーケティングだった。

白Aはずっっっっーーーーーっと!!

ここまでI思考。

主語がずーーっと「自分」。

「私」はこうやりたい、こうなりたい。

海賊王に俺はなる!

的な。

内的動機で、Wantで、ずーーーっと動いていた。

必要だったのはマーケティング、YOU思考だった。

お客さん、世間、社会、経済、相手の観点からモノを考える。

自分たちが求められている、望まれている場所。

もしくは今後、そうなる場所。

どんなに美味しい麻婆豆腐も砂漠じゃ売れない。

どんなに美味しいアイスクリームも南極じゃ売れない。

自分たちがその商品にどれだけ自信があって、どれだけ頑張っても、求めている人、
求められている場所がないと成果はでない。

逆にそんな人がいたら、そんな場所があれば、僕たちのショーが求められているので
あれば、それはやるべきだ。

外的動機、Shouldで動く。


I & You

内的動機 & 外的動機

Want & Should

やりたい & やるべき

アメリカに引っ越す「白Aアメリカ」
&
日本に残る「白Aジャパン」

この2つが完璧に合致する場所。

そこはどこ???

 


日本は??

 


「日本で海外の人に向けて活動出来ないか?」。

 

 


ふとそんなアイディアがミーティング中、議題に転がった。

2015年くらいから日本には海外からの観光客が急激に増えていた。

訪日観光客に向けたショー。

日本には新宿の「ロボットレストラン」しかなかった。

日本で公演すれば

何十、何百万とかかっていた運送費は、トラックで数万に。

何十、何百万とかかっていた移動費は、電車で何百円に。

何十、何百万とかかっていた滞在費は、家からだから0円に。

売り上げをシェアしていた海外のエージェントは必要なくなる。

人、時間、お金のリソースはアメリカに行くより、効率よく投下できる。

そして、日本にいながら海外へ発信できる。

「世界で成功したい」。

「アイディアを体現し世界を豊かにする」。

僕たちの想いは世界に行かないと、成せないと思ってた。

日本から世界に行かなくてもいい。

世界を日本に呼べばいい。

ブロードウェイに行かなくていい。

ブロードウェイを作ればいい。

ブロードウェイ、ラスベガス、ウエストエンド、大学路、世界中の観光地にあるよう
なエンターテイメントの集積地が日本にはない。

日本は昼の観光は充実してる一方で、夜の観光がない。

日本国内外、ありとあらゆるyouの観点から考えても、そんなコンテンツは求められ
てる。

「海外の人が楽しめるエンターテイメントの集積地」。

「訪日観光のナイトタイムエコノミー振興」。

みんな思ってる。

「そんな場所があったらいいのになぁ」って。

強烈なShould 。

外的要因。

自分たちが、それをやるべきだと思った。

世界31か国で公演してきて、世界中の人を楽しませるのは得意だった。

誰でもできる訳じゃ無い。

ただ、僕たちならできる。

これまでのアウトバウンド活動は、これからのインバウンド活動をするための必然だっ
た。

「日本でインバウンド向け公演をしよう!」

このアイデアが平行線だったミーティングに突破口を開いた。

複雑に絡み合った知恵の輪が、パラっと解けた。

胸につっかえてた重くて硬いモノが、スッと解けた。

チームのビジョンは開け、想いは完全に合致した。

その時のミーティングがこちら。

facebookに投稿されてます。

https://www.facebook.com/siroAofficial/videos/863642057102736?vh=e&d=n&sfns=mo


みんな仮面つけてます。

これはメンバーの荒井君からのアイデア。

この時、白Aアメリカと白Aジャパンは仲が良くなかった。
でも、みんなでお面付ければ、腹が立ったり、口論になったりしないはず。
だってお面かぶって怒ってたら、馬鹿みたいだから。
みんな笑って、ポジティブにMTが出来るはず。
っていう理由でみんなお面付けてます。


そして、とっても良いMTが出来て、最後みんなでバーコードスクリーンを飛び越える
アクションをしてます。
バーコードから飛び出て来るように、現在から未来へのジャンプを意味してます。

まーなんていうか、泣けましたね。

この日のミーティングは。

そしてこの日、チームが再び結束する事になった要因は、もう一つあった。

アベトシノリデス。でお馴染みの阿部俊紀が、夜な夜なメンバーを一人ずつ飲みに誘
い、ただただ阿部くんが一人ずつ奢る会「イレブンプレイ」。

メンバーが12人いたので、1人ずつの飲み会11回を開く。

彼はその飲み会を「イレブンプレイ」と呼んでいた。

合計11回の飲み代を全部阿部くんが持っていたので、相当な負担だっただろう。

意見真っ二つで、プライベート断交中の「白Aアメリカ」と「白Aジャパン」を行き来
し、「僕奢るんで、飲み行こうぜ!」と夜な夜な一人ずつ、飲みに連れ出した。

そして、ただひたすらに、向き合ったコミュニケーションを一人ずつ行い、

「もう一回チームが一つになれないか?」

と、ただひたすらに説得して回った。

彼のこの行動は確実に、互いのコミュニケーションの潤滑油になったし、あの日の仮
面ミーティングの礎になった。

阿部くんが「イレブンプレイ」をしてなかったら、今頃「白Aアメリカ」と「白Aジャ
パン」の2チームに別れて活動していたと思う。

阿部くんの「イレブンプレイ」、そして荒井くんの「仮面ミーティング」を得て、「
白Aアメリカ」は日本に残る事を決め、「白Aジャパン」には目的ができた。

そうして、紆余曲折を得て、白Aはまた一つになった。

世界で成功する想いは変わらず、活動する場所を「世界中」から「日本」に変える。

YOU思考、マーケティング。


①「どう戦うか?」より「どこで戦うか?」を見極める事。

日本で戦う。


②「自分にとって」は一切関係なく、「お客さんにとって」だけを洞察し、仮設を立
てる事。

仮説
「訪日観光にはナイトタイムエコノミーがない。ブロードウェイのようなエンターテ
イメントの集積地を日本に作る事は、国内外大きな需要がある」。


③自分たちのリソース(人、時間、お金)、あらゆる努力を、その仮設に投下する事。

海外での大規模なロングラン公演、ワールドツアーはもうしない。
そこで浮いたリソースを国内活動に投下する。


全員納得の大戦略。
「日本にブロードウェイを作ろう!」はこうして生まれた。

その後、一年間の準備をして、2017年3月「テクノサーカス」、「浮世絵カフェ」の
元になった「ザッツ!ゼンターテイメント」を浅草ゆめまち劇場でスタートさせまし
た。
(ここら辺のお話はまた別の機会に書きます。)

その後、所属していた会社アミューズから独立し、「合同会社白A」として起業。

不思議です。

「日本にブロードウェイを作ろう!」

と掲げていると、色々な人が集まります。
同志になっていきます。

白A社員は6人増えて、今14人になりました。

世界で活動したい日本のコメディアンたちとコメディクラブを立ち上げました。

神奈川県と浮世絵のショーを始めました。

日本のトップステージクリエイターと浅草で忍者のショーを4月から始めます。

2019年11月。

今こんな感じです!!

「日本にブロードウェイを作ろう!!」

第一弾「テクノサーカス」。

第二弾「新宿コメディクラブ」。

第三弾「浮世絵カフェ」。

第四弾「忍者イリュージョンライブ」。

第五弾「?????」

番外編「男子チアはっくるず」


集積地まで程遠いですが、少しずつ増えてきました。

2020年のオリンピックの時期、白Aが関わる訪日観光向けのショーは5つになる予定で
す。

2016年のあの時、仮面をつけて立ち上げた大戦略を、現在絶賛進行中です。

そしてこのメルマガ会員も161人に増えました。

会員の皆様のお声がけ、SNSの拡散協力、レビューの投稿、誠にありがとうございま
す。
(本当に一度!この会のオフ会を開こうと思います!!!その際は是非皆さま!奮っ
てご参加ください!)


少しずつ良い感じになってきました白A。

はい!!!

という訳で!

二週に渡ってお送りした!

日本にブロードウェイを作ろう!

が出来るまで。

マーケティング、YOU思考を取り入れて、白Aは劇的に改善された。

そして、それだけではなく、メンバーと向き合うコミュニケーション、笑い飛ばせる
ユーモアの必要性も白Aは知りました。。

 

っていう回でした!!

 

いやー!
長くなりました!

最後まで読んで頂きありがとうございます!!

それではまた劇場でお会いしましょう!


ーーーーーーー

【お知らせ】


「日本にブロードウェイを作ろう!!Facebookグループ」も是非加入よろしくお願い
します!!

現在49名です。

Facebookグループではこんなコーナーをしてます。

「3行英語日記のコーナー」

こちらの日記は海外の方とコミュニケーションを取るための練習です。
1日5
分!!三行だけなんでもいいから英語で日記書いてみよう!!!
という企画をみんなでやってます。

こちらの方も、みなさま是非是非ご参加!!よろしくお願いします!!

Facebookグループ入会希望の方は、件名に「入会希望」と記入し、こちらにFacebook
に登録しているアドレスでこちらに空メールをお願いします。

broadway@technocircus.tokyo

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

白Aホームページ
https://www.siro-a.com

テクノサーカスホームページ
https://www.technocircus.tokyo

新宿コメディークラブ
https://www.comedyclub.tokyo/?lang=ja

浮世絵カフェ
https://www.ukiyoecafe.com


白Aメルマガバックナンバー
https://www.technocircus.tokyo/backnumber/

白Aメールマガジン
担当/Cocoona


※こちらのメールマガジンは無断での転載、引用が推奨されております。
※メールマガジンを退会したい方。

「退会希望」と件名に記入し、返信くださいませ。

もし退会メールがあった場合。
I思考のみだと「なんで?やめないでよ!どこが良くなかった??」という気持ちに
なります。

You思考だと「読んでくれる読者皆様の「読みたい」と、内容にズレがあった。」
という分析になります。

I &YOU、want &should 、内的と外的、「書きたい」と「読みたい」。

この2つが合致するメルマガをこれからも書こうと思います!!!